おしえて脱毛レスキュー

気になるムダ毛、なんとかしたい!脱毛エステって本当に信頼できるの?脱毛レスキューはそんなあなたの疑問や悩みにさくっとお答えする総合脱毛情報サイトです。

生理中のVラインのお手入れ(施術)は大丈夫?

生理中の脱毛についてですが、これはサロンによって基準が違うようです。
V・I・O部位はほとんどのサロンでは生理中は施術NGですが、他の部位に関してもサロンによっては施術を中止する所があるみたいです。
V・I・Oはわかるとして、なぜ他の部位もダメな場合があるのでしょうか?

その理由はホルモンバランスに関係があります。
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる2つの種類があります。
エストロゲンは女性らしさを保つのに必要なホルモンで、肌の調子を整えてくれる役割があります。
エストロゲンの分泌量は月経の後から排卵直前まで徐々に増え、排卵後に減少します。

つまり、生理中は肌の調子をつかさどるエストロゲンが減少するために、ほかの時期よりも脱毛による肌の負担が大きいという事になります。
また脱毛の効果を高めるためには肌の保湿が大切なため、ホルモンバランスが整っていない状態で脱毛しても、あまり効果が得られない事も考えられます。

できれば一番お肌に良い状態の時に脱毛できれば、お肌への負担も少なく効果も大きい事になりますが、ではそれはいつなのでしょうか?

もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンは、妊娠のために必要なホルモンで、排卵から月経開始までの間に多く分泌されます。
プロゲステロンが多く分泌される時期は、ニキビができやすかったり、肌が荒れやすい時期になります。また精神的にもイライラしたり、不安定になる時期でもあります。

ホルモンバランスを考えた場合、排卵〜月経中はお肌はあまりよい状態とは云えません。
プロゲステロンの分泌量が少なく、エストロゲンの分泌量が多くなる時期がベスト。
つまり、月経後〜排卵期の間に脱毛するのが一番良いタイミングと言う事に。

お店の予約を取る場合は、できれば自分の肌のベストな時期に合わせることがおすすめです。
そのためには、月経や排卵の時期を日頃から把握しておきましょう。

月経時に感じる不快感は、ホルモンバランスの崩れにより肌の調子がよくない他に、VIOゾーンのムダ毛によるムレにも原因があります。
Vラインはまだ自己処理できるとしても、I・Oラインのお手入れは自分では難しいですよね?
そこで両ワキ永久脱毛おすすめ.comでは、Vライン、Iライン、Oラインのお手入れは脱毛サロンに通う事をオススメしたいです。
イライラがたまりやすい生理中、身体的なストレスが減るだけでも、ぐっと負担が軽くなりますし、ストレスが減ることで肌全体の調子も整います。

そうはいっても、脱毛サロンでVラインのお手入れをと考えるだけでも恥ずかしいのに、I・Oラインなんて考えられないという方も多いと思います。
V・I・Oラインに通っている方の体験談を聞くと、恥ずかしいのは最初の方だけで、脱毛サロンでVラインをお手入れしてもらううちに、デリケートゾーンを人に見せる抵抗感がどんどん薄れていくとの事です。
そしてVライン脱毛による、ムレなどのストレスが減ることのメリットの大きさを実感し、Iゾーン・Oゾーンも脱毛したいと思う方が多いのだそうです。
Vラインは、お手頃価格でキャンペーンを実施する脱毛サロンも多いですしし、とりあえずはVラインのお手入れをお願いしてみて、恥ずかしい気持ちを軽くしてから、Iゾーン・Oゾーンについても検討してみてもいいと思います。